シェアハウスと防犯

マンション賃料や間取り、設備など一人暮らしのアパートを選ぶときと同様の要素でシェアハウスを選ぶ女性は多いでしょう。賃料や間取り、設備のほかには防犯のことを気にする女性も多いはずです。治安がいいエリアにあること、近くに交番があること、街灯が多いこと、大通り沿いにあること、近くに夜遅くまで開いているお店があること、人通りや交通量が少なくないことなど、周辺環境は重要です。人通りが少なく何かあったときにかけこめる場所がないと、犯罪に巻き込まれてしまうリスクは高くなってしまうでしょう。

先述したような、犯罪の被害に遭いにくい環境に建っているシェアハウスであることはもちろん大事ですが、ほかにはシェアハウス自体のセキュリティの充実度にも注目して物件を選んだほうがいいでしょう。侵入される、金品を盗まれるなどのリスクは、一人暮らしのアパートやマンション、ファミリー向けの一戸建てなどと同様にあるわけです。女性限定のシェアハウスであれば、盗みの現場を目撃されても逃げやすいと考えられてしまうなどして、標的にされるリスクは高いと思っておくぐらいがちょうど良いでしょう

当サイトでは、女性が自分が住むシェアハウスを決定するにあたり、玄関まわりや部屋まわりなどにあったほうがいいセキュリティについて解説させていただきます。犯罪の被害に遭うことなく安全に生活を送りたいと思っている方のシェアハウス選びのためにお役立ていただければ幸いです。

Pocket