部屋まわり

窃盗などの犯罪は、外部の侵入者によって行なわれるとは限りません。同じシェアハウスの入居者によって行なわれることもあり得ない話ではないです。そのため、シェアハウスを選ぶ際には、部屋まわりのセキュリティがしっかりしていることも見逃せない要素です。

鍵基本的なこととして、各部屋に鍵は付いていたほうがいいです。自分が留守のあいだに勝手にほかの入居者に部屋に入られてしまい、金品を盗まれてしまうようなことがなくなります。鍵は番号を入力するなどして開けるタイプは数字の組み合わせで開いてしまうため、別のタイプの鍵であるほうが安全性は高いです。また、貴重品が盗まれてしまうのを避けるために、貴重品ロッカーが設置されているシェアハウスでも良いでしょう。

鍵に関して注意しなければいけないこととして、入居者が変わるときに鍵を交換しているかどうかは必ず確認しておきたいところです。退去時に鍵の返却と交換が行なわれていれば良いのですが、鍵は返しても交換が行なわれていなければ、合鍵を作って侵入されてしまうようなこともあり得ない話ではありません。暗証番号式の鍵の場合には、暗証番号の変更を行なっているかどうかを内覧時に聞いておくことを忘れないでください。

Pocket