入居者以外の出入り

女性が自分の住むシェアハウスを決定する上で注目したいことのひとつが、入居者以外の人の出入りに関することです。シェアハウスによっては異性の出入りが禁止されていることがあるほか、友人や家族が来る際には事前の許可が必要であったり、入居者以外の訪問時には料金が発生したりするところもあります。ルールを破った人は強制退去という、厳しい姿勢で臨んでいるシェアハウスも珍しくありません。

お財布入居者以外の人の出入りに甘いシェアハウスだと、セキュリティ面のリスクが高まります。ほかの入居者が呼んだ人がたまたま手癖の悪い人であった場合には、金品が盗まれてしまうこともあるでしょう。もしこういう被害が生じた場合でも、人の出入りが多くなっていると誰の犯行なのかがわかりにくくなってしまいます。

とくに大規模なシェアハウスでは実際に、たまたま共用スペースに置いていた貴重品が少し席を外していたあいだに盗まれてしまったという被害報告もあります。常にものを盗まれてしまうリスクがあると思いながら生活するのはストレス以外の何でもありません。ほかの入居者に盗まれる可能性があるだけでなく、ほかの入居者が連れてきた人に盗まれてしまうリスクまで加わるのは避けたいということであれば、入居者以外の人が訪問してくることに対して厳しいルールが設けてあるシェアハウスを候補にするのが賢明といえるでしょう。

Pocket

部屋まわり

窃盗などの犯罪は、外部の侵入者によって行なわれるとは限りません。同じシェアハウスの入居者によって行なわれることもあり得ない話ではないです。そのため、シェアハウスを選ぶ際には、部屋まわりのセキュリティがしっかりしていることも見逃せない要素です。

鍵基本的なこととして、各部屋に鍵は付いていたほうがいいです。自分が留守のあいだに勝手にほかの入居者に部屋に入られてしまい、金品を盗まれてしまうようなことがなくなります。鍵は番号を入力するなどして開けるタイプは数字の組み合わせで開いてしまうため、別のタイプの鍵であるほうが安全性は高いです。また、貴重品が盗まれてしまうのを避けるために、貴重品ロッカーが設置されているシェアハウスでも良いでしょう。

鍵に関して注意しなければいけないこととして、入居者が変わるときに鍵を交換しているかどうかは必ず確認しておきたいところです。退去時に鍵の返却と交換が行なわれていれば良いのですが、鍵は返しても交換が行なわれていなければ、合鍵を作って侵入されてしまうようなこともあり得ない話ではありません。暗証番号式の鍵の場合には、暗証番号の変更を行なっているかどうかを内覧時に聞いておくことを忘れないでください。

Pocket

玄関まわり

シェアハウスのセキュリティとして、玄関まわりの対策が徹底されていることは安心感があります。契約者以外の人間が侵入してくることの抑止力になるからです。女性がシェアハウスに住むのであれば、玄関まわりにまったくセキュリティ対策がほどこされていない物件は避けておくのが賢明といえるでしょう。

カメラあることが望ましいセキュリティとしては、管理人の常駐をあげることができます。何かあったときに守ってくれる存在が身近にいるということは安心感があります。人以外ではオートロック、監視カメラ、モニター付きインターホン、ホームセキュリティといったものをあげることができます

セキュリティは充実しているに越したことはありませんが、充実度に比例して家賃が高くなる傾向があります。また、人によってはシェアハウスに防犯カメラが設置されていると、侵入者ではなく自分が見張られているような感じがしてストレスになってしまう人もいるでしょう。管理人が男性である場合、不信感が募ってしまうという女性もいるかもしれません。シェアハウスのセキュリティは予算の範囲内で、自分にとって過度で不快な思いをしないレベルでほどこされているところが良いでしょう。

Pocket

シェアハウスと防犯

マンション賃料や間取り、設備など一人暮らしのアパートを選ぶときと同様の要素でシェアハウスを選ぶ女性は多いでしょう。賃料や間取り、設備のほかには防犯のことを気にする女性も多いはずです。治安がいいエリアにあること、近くに交番があること、街灯が多いこと、大通り沿いにあること、近くに夜遅くまで開いているお店があること、人通りや交通量が少なくないことなど、周辺環境は重要です。人通りが少なく何かあったときにかけこめる場所がないと、犯罪に巻き込まれてしまうリスクは高くなってしまうでしょう。

先述したような、犯罪の被害に遭いにくい環境に建っているシェアハウスであることはもちろん大事ですが、ほかにはシェアハウス自体のセキュリティの充実度にも注目して物件を選んだほうがいいでしょう。侵入される、金品を盗まれるなどのリスクは、一人暮らしのアパートやマンション、ファミリー向けの一戸建てなどと同様にあるわけです。女性限定のシェアハウスであれば、盗みの現場を目撃されても逃げやすいと考えられてしまうなどして、標的にされるリスクは高いと思っておくぐらいがちょうど良いでしょう

当サイトでは、女性が自分が住むシェアハウスを決定するにあたり、玄関まわりや部屋まわりなどにあったほうがいいセキュリティについて解説させていただきます。犯罪の被害に遭うことなく安全に生活を送りたいと思っている方のシェアハウス選びのためにお役立ていただければ幸いです。

Pocket